イベントのタレント派遣専門。在籍数国内最大。
株式会社 テイクプロデュース

営業時間 9:30~19:00
電話番号 0120-944-088
土日祝(英営業時間外)は、090-3355-1621
takepro@takepro.net

株式会社 テイクプロデュース

電話番号

トップ >  大道芸人 >  日本の古典芸能 >  豊来家玉之助 | 【大阪】太神楽曲芸師

豊来家玉之助 | 【大阪】太神楽曲芸師

豊来家玉之助 | 【大阪】太神楽曲芸師 について問い合わせる

2017y03m30d_141840162

古くから伝わる伝統芸の「太神楽曲芸」玉之助が皆さんに披露するさまざまな種類の曲芸をご紹介します。

傘まわし

傘まわし 皆さんもよく知っている傘回しの曲芸です。 傘は「末広がりの傘」と言って大変縁起のいいものです。
「人の心を円く治まる毬回し」として毬を、「金回りが良くなりますように」と金の輪を、「益々のご繁盛を」とますを、さらに「一生益々のご繁盛を」と一升ますを回していくおめでたい芸です。

傘の縁を回す「鼠の桁わたり」、傘をぐるりぐるりと回していく「乱回し」などの技があります。

きっとこの曲芸で一生益々のご健康がそして幸せが皆様のもとへとやってくることでしょ

皿回し

皿回し

皆さんもよくご存じの皿回しです。

大きなお皿をまわしますそのサイズは約35センチ、重さは約1キロにもなります。

そのお皿を1枚、2枚と回していき、最後には5枚の大皿が回ります。 たくさんのお皿が一度に回る様は壮観です。

一つ毬

小さな撥と毬を使った曲芸。玉之助はおどりながら、毬を操っていきます。

撥の曲取り

「撥の曲取り」と書いて「ばちのきょくどり」と読みます。

太鼓の演奏に使う撥、この撥を3本つかっての曲芸です。回している撥を撥がとび越えていく「山越し」、さらに撥が回転して越えていく「回り山越し」などいろいろな投げ技をします。
撥だけでなく毬や扇子、刃物を使った投げ物もあります。

長撥

棒術からきました長撥(ながばち)という大変珍しい曲芸です。
短い棒で長い棒を浮かせて1回転、2回転と回したり「鳴門の渦潮」や「水車」などの技で長い撥を生き物のように回していきます。

う。

「 面白かった! 」って思ってもらえないなら極端につまらないほうがいい・・・

玉之助は何より「お客さんにおおーって驚いてもらうこと」そして「楽しんでもらうこと」に重点を置いています。

お客さんに驚いてもらう、楽しんでもらう。

それは、当たり前の気持ちかもしれませんが、実は玉之助がそこに強くこだわるのにはわけがあります。

それは、ある病院での出来事でした。

病院や学校などで太神楽曲芸を披露すること自体は珍しいことでもありません。しかしその時の病院でのお客様は普段のお客様とは少し違っていたのです。

そのときの病院のお客様というのが実は「 寝たきりのおじいさんたち 」だったのです。 寝たきりですから、当然上を見ているだけです。しかもその時のお客さんは意識のない方たちでした。
正直、そんなことは初めての体験です。大きな戸惑いがありました。

しかし、ここで仕事を投げ出すことなど当然できません。心の隅では「どうしたらいいんやろう・・・・」という思いをもちつつも、できる限りの芸を披露してステージを降りたのでした。

そんな病院での公演が終わった後のこと、ある看護師さんが意外な言葉を口にしたのです。

「今日の患者さん、とっても喜んでましたよ。」

驚くことに、その看護師さんは「 寝たきりの意識のないおじいさんたち 」が「 玉之助の太神楽曲芸で喜んでくれた 」と言うのです。
日頃からそのおじいさんたちの身の回りの世話をしている看護師さんたちには、毎日見ている目の表情とか、ほんの少しの仕草から喜んでいることがわかるというのです。

そして、

「 ありがとうございました。 」

と、言ってくれたのです。

その時からです。1人でも多くのお客さんに「 おお~! と驚いてもらおう 」「とにかく楽しんでもらおう 」と強く考えるようになったは。

たとえば、子供さんと玉之助の太神楽曲芸を見た後には家に帰ってから親子で曲芸の話でもりあがってもらいたい。
「あのときこんなこんなのを見たよね!」と楽しい思い出の一つとして残してもらいたい。

そんな想いから玉之助は今日まで自らの太神楽曲芸に磨きをかけてきました。

柔術や、日舞、獅子舞などの稽古もその努力の一つです。体の綺麗な動かし方や、着物を着たときにどれだけきれいに見えるか?ということを学び常に意識するためにこれらの稽古は大きく役立っています。

たとえば足の運び。右足と左足のつま先が常に90度になるように動かすことで日本の伝統的な美しい動きを表現できるようになります。たとえば視線はなるべくお客様に、なるべくたくさんの人に眼と眼が合うように、と心がけることでステージとお客様との一体感が生まれます。

些細な動きや、お客様を太神楽曲芸の世界に引き込むための話術など、小さなことの積み重ね。それが「お客様に驚いてもらうこと」「お客様に楽しんでもらうこと」このために何より大切だと玉之助は考えています。

「 面白かった! 」って思ってもらえないなら、極端につまらないほうがいい。「 中途半端だったらおもろないほうがいい。 」そんな覚悟をもって玉之助は今日も舞台へと向かっていきます。

2017y03m30d_141851732

 

日本の古典芸能一覧へ戻る

全国に派遣しております。

全国に派遣しております。

芸人の在住がある都道府県

«北海道»

北海道

«東北»

宮城 岩手 秋田 山形 福島

«関東»

茨城 群馬 栃木 埼玉 千葉 東京 神奈川

«中部»

富山 新潟 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重

«近畿»

滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

«中国»

島根 岡山 広島 山口

«四国»

徳島 香川 愛媛 高知

«九州»

福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

累計新着情報21
在籍タレント数1288
イベントツール675

最終更新日2019年03年26日

お気軽にお問い合せください。

お気軽にお問い合せください。

営業時間 9:30~19:00
電話番号 0120-944-088
土日祝(営業日以外)は、090-3355-1621
takepro@takepro.net
メールでのお問い合せはこちら

お気軽にお問い合せください。

御見積無料 全国対応

在籍タレント数1340
イベントツール675

最終更新日2019年03年26日

FAX注文書 ダウンロードはこちら

主な料金はこちら

主な料金はこちら

演者募集中!

演者募集中!

『いいね!割り』実施中!「いいね!」を押せば1000円割引いたします。

下記Facebookの「いいね!」をクリックして頂いた方には見積金額から1000円引かせて頂きます。
お問い合わせの時にメールかお電話でお知らせください。

QRコード

外部リンクバナー

page top↑